横浜のバーチャルオフィスの特徴

横浜の有名な場所には多くのバーチャルオフィスがあります。その特徴は会社の設立に伴う個人事業主が、会社の住所として使用できることが挙げられます。自宅を住所として使いたくない場合に便利に利用できます。また建物内には打ち合わせやミーティングに使える会議室も用意されています。実際にはオフィスとしての空間は利用できないので、来客があった時に利用することができます。また電話番号も貸し出されるので、少ないコストで会社としてのスタートを切ることができます。電話の代行サービスも用意されているので、たった一人で起業する場合には便利に活用できます。毎月の使用料も数千円程度となるので、一般のレンタルオフィスと比べるとかなりの固定費用を抑えることができます、

レンタルオフィスとの違いについて

横浜で人気を集めるバーチャルオフィスは、レンタルオフィスとは異なり実際にオフィスを借りることはありません。単に住所を借りるだけなので使用料金がかなり安くなります。メリットとしては誰でも手軽に利用できること、一等地の住所を会社の所在地にできることが挙げられます。会社の登記ができる場合もありますが、銀行の法人名義での口座は開設できないケースがほとんどです。電話やFAX番号を貸与されるのも特徴のひとつとなりますが、もちろんこの番号を使用することができます。あまり外部からの電話がなければ、自分の電話番号へ転送してもらうサービスを受けることができます。けれども顧客からの問い合わせが多いようであれば、電話の代行サービスを利用することで受付対応してくれます。

活用することで得られる利点について

横浜のバーチャルオフィスを活用するのに適した職業としては、あまり会社訪問を受けないようなネットビジネスのようなものとなります。レンタルする住所は会社の所在地としてもホームページで掲載することができますし、一等地であれば信頼性も高くなる利点があります。脱サラして会社を立ち上げたばかりであれば、初期投資費用は少しでも抑えたいものです。特にオフィス賃料は大きなコストになりますし、ましてや一等地ともなればかなりの費用になります。けれどもこのような形態のレンタルであれば、わずかな出費で会社経営をスタートさせることができるわけです。あるいは日中ほとんど外出するような仕事であれば、オフィス賃料はもったいないものです。このようなオフィスであれば効率良く活用することができます。