横浜のバーチャルオフィスの傾向

横浜のバーチャルオフィスは、駅からのアクセスが良好な場所に位置している傾向があります。また、ホテルのようなお洒落な外観のオフィスも多く、急な来客にも対応しやすいサービスが整っています。敷金と礼金無しになっているところがほとんどなので、初期費用を抑えたい人の味方になってくれるでしょう。500円で住所貸しのみのサービスをしている運営会社もあり、とりあえず試してみたい人が気軽に利用できるようになっています。たまにレンタルオフィスのようなスペースも借りたい場合には適していませんが、住所貸しのイメージを掴むのに役立ちます。どこの運営会社でも、プランによって利用可能なサービスが変わってくるので自分が利用したいサービスがあるかどうかを調べてから選ぶのがポイントです。

人気エリアは横浜みなとみらい地区

バーチャルオフィスの中でも、人気エリアの横浜みなとみらい地区にある関内にあるオフィスは人気が高いです。お洒落なイメージがあり、ビジネスの中心地ということで起業家たちに支持されています。付近にスタジアムやランドマークタワー、中華街、赤レンガ倉庫、などの知名度が高い観光地もあります。プランによって利用料金は分かれています。例えば一番安いプランだと住所貸出だけで、入会金が5250円、月額基本料が個人名3150円、法人名と屋号5250円です。一番高額なプランになると、サービスが増えて住所貸出以外に共有FAX、転送電話、電話代行などがつきます。これだと入会金18900円、月額基本料21000円程度です。これくらいの費用で人気エリアに住所を持てるので、賃貸物件やレンタルオフィスを借りるのに比べると圧倒的に安いです。

起業家を応援するシステムが整っている

横浜のバーチャルオフィスの傾向として、起業家を応援しようとする姿勢が整っているということが挙げられます。NPOが運営しているところもあり、儲からないからオフィスを閉鎖するというリスクが低いです。こういう起業支援を目的にしているオフィスは、地域密着型のコミュニティやマーケティング支援もしてもらえます。他のオフィスでも、起業家支援のプランがあり特割で利用できるようになっています。20代社長、女性社長、シニア社長などの条件に当てはまる人たちに対して、初期費用と1ヶ月間の基本料金が無料で利用できるというプランです。先進文化を取り入れてきた歴史がある地域だからこそ、起業家たちをバックアップする姿勢を積極的に見せています。格安で利用可能なバーチャルオフィスも多いです。